香川発ツアーTOPツアー検索 > 名城編 「関東・甲信地方の諸城」

ツアー詳細

  • 1名1室OK
  • 飛行機
  • 教養(歴史・音楽)
  • 歴史・文学
  • ひとり参加大歓迎

2017年8月17日 更新

宿泊3日間 関東 [6E80]

名城編 「関東・甲信地方の諸城」

旅行代金 79,800円~89,800円
出発日 8月24日・31日

ツアーポイント

日本城郭検定一級取得の専門ガイド 関本 健太(せきもと・けんた) が楽しく分かりやすくご案内!

城や歴史などに精通したベテラン講師です

★初参加のお客様にはオリジナルスタンプ帳をプレゼント!

★日本100名城スタンプラリーにも最適です!

★お一人様ご参加大歓迎!1名1室利用プランもご用意しております!


 

―― 【東京都】八王子城 ――

後北条氏の本城である小田原城の支城。北条氏康の三男・氏照が1571年(元亀2年)頃より築城し、1587年(天正15年)頃に本拠としました。氏照は当初、大石氏の滝山城に拠っていましたが、小田原攻撃に向かう甲斐国(現在の山梨県)の武田軍に攻められ、その際に滝山城の防衛の限界を感じ、織田信長の築城した安土城を参考に石垣で固めた山城構築を行い、本拠を滝山城から八王子城に移しました。八王子城は一般的な山城と違い、尾根と堀切を利用した縦深防御に加えて、侵入してくる敵に対しいたる所から側射をかけられる仕組みとなっています。織豊系城郭と比較するとかなり独特な造り。より近世的な戦術を志向している城です。

 

―― 【山梨県】武田氏館と甲府城 ――

武田氏館は「躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)」と呼ばれる、今の山梨県甲府市古府中にあった戦国期の居館。甲斐国守護武田氏の居館で戦国大名武田氏の領国経営における中心地であり、室町期の甲斐国の守護所でした。現在、跡地には武田神社があり、「武田氏館跡」として国の史跡に指定されています。資料価値の高い中世の城館跡です。

甲府城は、山梨県甲府市にあった日本の城。別名「舞鶴城(まいづる(ぶかく)じょう)」とも呼ばれています。山梨県史跡に指定されています。武田氏滅亡後に甲斐を領した徳川氏や豊臣系大名が甲斐を支配した際、武田氏館(躑躅ヶ崎館)とは別に甲府城を築城して新たに甲府城下町を整備しました。豊臣政権では徳川家康を牽制する要所、江戸時代では将軍家に最も近い親藩(甲府藩)の城となりました。天守台はあるが天守が建てられていたかは不明。江戸時代には初期の幕府直轄領時代から甲府藩時代、享保年間に再び直轄領とされた甲府勤番時代を通じて統治の拠点となりました。

 

―― 【長野県】上田城 ――

上田城は長野県上田市二の丸(旧・信濃国小県郡上田)にあった日本の城。現在残っている城は仙石忠政によって寛永年間に再建築城されたものです。上田盆地の北部に位置し、千曲川の分流である尼ヶ淵に面していたので、築城当初は「尼ヶ淵城」と呼ばれることもありました。信濃国小県の真田本城主・真田昌幸により1583年(天正11年)に築城。天正11年、同13年、同18年と何度かの過程を経て築城をされました。1585年、1600年と二度にわたる真田氏と徳川軍との上田合戦で有名です。

 

―― 【長野県】松代城 ――

松代城は長野県長野市松代町松代にある日本の城。元々は海津城(かいづじょう)と呼ばれていました(または貝津城)。または茅津城(かやつじょう)とも言われ、茅の生い茂った地であったと伝える説もあります。形式は輪郭式平城。国の史跡に指定されています。正確な築城時期は不明。武田氏の軍記「甲陽軍鑑」に拠れば、武田氏は北信国衆である清野氏の館を接収し、武田家足軽大将の山本勘助に命じて築城したとされています。

 

―― 【長野県】小諸城 ――

小諸城は長野県小諸市にある日本の城。別名「酔月城、穴城、白鶴城」とも呼ばれています。長享元年(1487年)に大井光忠によって築城されたと考えられています。戦国時代、武田信玄の東信州経営のために現在の縄張りとされました。現在残っている城跡の元になったものは信玄の軍師であった山本勘助の縄張りだと言い伝えられていますが詳細は不明。現在のような構えとなったのは仙石秀久の改修によるもので、三重天守もその頃に建てられました。天守には桐紋の金箔押瓦が用いられていましたが、寛永3年(1626年)に落雷によって焼失しています。

 

―― 【埼玉県】鉢形城 ――

鉢形城は埼玉県大里郡寄居町大字鉢形にある戦国時代の日本の城跡。構造は連郭式平山城。深沢川が荒川に合流する付近の両河川が谷を刻む断崖上の天然の要害に立地し、その縄張りは唯一平地部に面する南西側に大手、外曲輪、三の曲輪(三ノ丸)の三つの郭を配し、両河川の合流地点である北東側に向かって順に二の曲輪(二ノ丸)、本曲輪(本丸)、笹曲輪と、曲輪が連なる連郭式の構造となっています。初めて築城したのは関東管領山内上杉氏の家臣である長尾景春と伝えられています。その後、小田原の後北条氏時代には北条氏邦によって整備拡張され、後北条氏の上野国支配の拠点となりました。関東地方に所在する戦国時代の城郭としては比較的きれいに残された城のひとつといわれています。

 


 

日程表

1日目 高松空港(7:20頃発)、徳島阿波おどり空港(7:35頃発)、岡山空港(7:10頃発)→(航空機)→羽田空港―八王子城―武田氏館―甲府城―諏訪市内(泊)
※利用予定ホテル:上諏訪ステーションホテルまたはホテルルートイン諏訪インターまたは同等クラス
2日目 ホテル―上田城―松代城―川中島古戦場跡―上田市内(泊)
※利用予定ホテル:上田東急REIホテルまたは同等クラス
3日目 ホテル―小諸城址「懐古園」―箕輪城―鉢形城―羽田空港→(航空機)→高松空港(21:15頃着)、徳島阿波おどり空港(21:00頃着)、岡山空港(21:00頃着)

※休憩場所、時間、回数は道路状況などに合わせて変更致しますが、1時間半から2時間に1度休憩時間をお取りさせていただきます。

旅行条件

お食事 添乗員 最少催行人員
朝食:2回 昼食:3回 夕食:1回 あり 20名
備考
※当ツアーは、高松空港・徳島阿波おどり空港・岡山空港のお客様が羽田空港にて合流する混催ツアーとなります。羽田空港での合流にご協力をお願いいたします。
●高松・徳島・岡山の各空港では弊社係員がご案内し、添乗員は羽田空港にてお待ちいたしております。
●ご旅行最終日は羽田空港で航空機へのご搭乗手続き終了時に解散となります。

※航空便等の交通機関の都合・天候・道路状況等により、旅程・訪問順序が変更になる場合がございます。

出発日カレンダー

ご希望の出発日をクリックしてください。
確定マークの日は出発保証しております。

旅行代金

出発日 3名1室2名1室1名1室
8月24日・31日79,800円79,800円89,800円
出発日
8月24日・31日
3名1室2名1室1名1室
79,800円79,800円89,800円

キャンセルについて

国内旅行における取消料は次の通りです。

区分 取消料
一 次項以外の募集型企画旅行契約
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって20日目(日帰り旅行にあっては10日目)に当たる日以降に解除する場合(ロからホまでに掲げる場合を除く。) 旅行代金の20%以内
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって7日目に当たる日以降に解除する場合(ハからホまでに掲げる場合を除く。) 旅行代金の30%以内
旅行開始日の前日に解除する場合 旅行代金の40%以内
旅行開始当日に解除する場合(ホに掲げる場合を除く。) 旅行代金の50%以内
旅行開始後の解除又は無連絡不参加の場合 旅行代金の100%以内
二 貸切船舶を利用する募集型企画旅行契約 当該船舶に係る取消料の規定によります。
備考:取消料の金額は、契約書面に明示します。

旅行企画・実施

株式会社穴吹トラベル
香川県高松市磨屋町2-8 あなぶきセントラルビル8F
観光庁長官登録旅行業 第1978号
一般社団法人 全国旅行業協会 正会員

ご予約・お問い合わせ

穴吹ツアー受付デスク香川/電話:087-826-7771/FAX:087-823-1156/電話受付時間:9:30~18:00(定休日:日曜日)/店頭受付:10:00~17:00(土・日曜祝日休み)

24時間オンライン予約

  • 穴吹ツアー7つの安心・お得
  • 新るんるんカオルンの添乗員日記
  • あなぶきトラベルの介護旅行 笑夢旅(えむたび)
  • 四国八十八ヶ所霊場巡拝専門サイト 四国おへんろ.net タクシーで巡るワンランク上のお遍路ツアー
  • 団体旅行専用ページ
  • 安心の出発保証 出発保証一覧はこちら
  • あなぶきトラベル採用情報
  • リクナビ2018
穴吹トラベルはe-TBTマーク交付旅行業者の認定を受けた香川県の旅行代理店です

ページのトップへ