次へ

次へ

次へ

次へ

出発地の選択へ

さぁ、はじめよう!

出発地を選んでください

検索結果

検索条件に該当するツアーは15件です

テーマ:【神社・仏閣、ご朱印めぐり、仏像、特別拝観】

再検索
旅行代金 13,990円
旅行日数 日帰り
出発日 1月30日
2月8日・11日・13日・29日
コース番号 3K1376

あなぶきトラベル設立30周年記念 第3弾
 
神戸迎賓館本館築100年周年 
大正8年 西洋建築を代表する存在として名を馳せてきた至高の迎賓館・LE UN 神戸迎賓館 
黒毛和牛ロース付 フレンチフルコースランチを特別にご用意いたします。
 
30周年記念特典
☆館内案内ツアー付
☆設立30周年記念デザートをご用意
☆オリジナルラベル作り体験 さらに赤白ワイン試飲付
 
・安心!オリジナルマップ付  元町・中華街フリータイム 
横浜中華街、長崎新地中華街とともに日本三大チャイナタウンの一つに数えられる、100店舗以上が連なる中華街です。店頭の路上で点心、スイーツ、食材、記念品などを売る店も多く、休日は地元の買い物客や観光客で賑わっています。
 
・2019年オープン Ando Gallery シンボル青いりんご
兵庫県立美術館の第2展示棟(Ando Gallery)が新しくオープン。安藤忠雄建築研究所への依頼を経て実現した「Ando Gallery」では安藤の建築をはじめ、建築文化を広く紹介する展示が開催! また「安藤忠雄の原点」として、《住吉の長屋》《光の教会》といった代表作や安藤の仕事場も模型で見ることができます。屋外「海のデッキ」には、サムエル・ウルマンの詩「青春」をモチーフに安藤がデザインしたオブジェ《青りんご》をみることができます!
 
・兵庫一の初詣スポット!ご縁結びの生田神社初参拝
ご祭神は、「稚日女尊」(わかひるめのみこと)。アマテラス大神に仕える機織りの神さまで、“若くみずみずしい日の女神”という意味があります。糸と糸を織りなす神さまであることから、人と人を結ぶ“縁結び”の女神と信仰されています。
 
【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

目的地 近畿
食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 12,990円
    旅行日数 1日
    出発日 3月7日・8日・9日・15日・17日・20日・30日
    コース番号 3K1378

    リクエストにお答えします!
    行ったことがないところに先生と行ってみたい!
    伊勢神宮や出雲大社・九州へ先生の案内を聞きながら参拝したい!

    新シリーズ!大人気講師 山崎末王先生といく! 全8回 
    2020年 日本書紀編纂1300年記念
    神々の出現から天皇の系譜 『史跡で巡る古代ロマンの世界・はじめての日本書紀』

    第1回ご参加の方全員にプレゼント!
    初心者でも安心!
    先生おすすめ本 「地図とあらすじでわかる!古事記と日本書紀」教科書付


    第1回 史跡でめぐる古代の世界  天照大御神の伊勢鎮座 
     ・伊勢神宮内宮
    神路山かみじやま、島路山しまじやまの麓、五十鈴川のほとりに鎮座する皇大神宮は、皇室の御祖神であり日本人の大御祖神である天照大御神をお祀りしています。
    今から2000年前、皇位のしるしとして受け継がれる三種の神器の一つである八咫鏡やたのかがみをご神体として伊勢の地にお祀りし、国家の守護神として崇める伊勢信仰は平安末期より全国に広がりがみられました。現在でも全国の神社の本宗として特別に崇敬を集めます。

     ・天照大神の遙宮 伊雑宮
    伊雑宮は、天照大御神の御魂をお祀りし、「いぞうぐう」とも呼ばれます。
    古くから「遙宮とおのみや」として崇敬を集め、地元の人々によって海の幸、山の幸の豊饒ほうじょうが祈られてきました。

     
    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 近畿
    食事 朝食:1回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 13,990円
    旅行日数 1日
    出発日 4月18日・20日・26日・29日
    コース番号 3K1380

    リクエストにお答えします!
    行ったことがないところに先生と行ってみたい!
    伊勢神宮や出雲大社・九州へ先生の案内を聞きながら参拝したい!

     

    新シリーズ!大人気講師 山崎末王先生といく! 全8回 
    2020年 日本書記編纂1300年記念
    神々の出現から天皇の系譜 『史跡で巡る古代ロマンの世界・はじめての日本書紀』

     

    ・伊勢神宮外宮
    豊受大神宮は、豊受大御神をお祀りしています。豊受大御神は内宮の天照大御神のお食事を司る御饌都神みけつかみであり、衣食住、産業の守り神としても崇敬されています。

     

    ・天照大御神の弟神・月夜見宮
    ご祭神は月読尊。天照大御神の弟神で外宮別宮 月夜見宮のご祭神と同じです。「月を読む」と記すとおり、月の満ち欠けを教え暦を司る神であることを意味します。
    右から月読荒御魂宮②、月読宮①、伊佐奈岐宮③、伊佐奈弥宮④の四別宮が並んで鎮座し、①から④の順にお参りされるのが一般的です。

     

    ・二見玉興神社
    御祭神に猿田彦大神を祀り、開運や家内安全・交通安全に御利益があるといわれています。
    正面に見える夫婦岩は、その沖合約700m先に鎮まる、御祭神縁りの「興玉神石」と日の大神(太陽)を拝む鳥居の役目をしています。大小2つの岩が仲良く並ぶ姿から、夫婦円満や良縁成就を願う人々も訪れます。
    境内には、御祭神のお使いとされる二見蛙(無事にかえる、お金がかえる)が多数奉献されています。
    また、二見浦は古来より、清渚と尊ばれ、伊勢参宮を控えた人々が汐水を浴び、心身を清めた禊場でした。二見浦に参詣で、身を清めることを「浜参宮」といい、現在では、禊をする代わりに神社に参拝し「無垢塩祓」を受けることを「浜参宮」としています。

     

    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 東海・中部
    食事 朝食:1回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 12,990円
    旅行日数 1日
    出発日 5月23日・26日・31日
    コース番号 3K1381

    リクエストにお答えします!
    行ったことがないところに先生と行ってみたい!
    伊勢神宮や出雲大社・九州へ先生の案内を聞きながら参拝したい!

     

    新シリーズ!大人気講師 山崎末王先生といく! 全8回 
    2020年 日本書記編纂1300年記念
    神々の出現から天皇の系譜 『史跡で巡る古代ロマンの世界・はじめての日本書紀』

     

    ・大神神社
    『古事記』によれば、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)が出雲の大国主神(おおくにぬしのかみ)の前に現れ、国造りを成就させる為に「吾をば倭の青垣、東の山の上にいつきまつれ」と三輪山に祀まつられることを望んだとあります。
    また、『日本書記』でも同様の伝承が語られ、二神の問答で大物主大神は大国主神の「幸魂(さきみたま)・奇魂(くしみたま)」であると名乗られたとあります。そして『古事記』同様に三輪山に鎮まることを望まれました。この伝承では大物主大神は大国主神の別の御魂みたまとして顕現けんげんされ、三輪山に鎮しずまられたということです。

     

    ・景行天皇陵
    日本武尊の父といわれる第12代景行天皇の墓で、渋谷向山古墳と呼ばれています。全長300mの前方後円墳で、大和古墳群の中でも最大級です。外周は約1キロにわたり濠がめぐらされています。

     

    ・崇神天皇陵
    大和朝廷の創始者とされる第10代天皇、崇神天皇の陵墓「山辺道勾岡上陵(やまのべのみちのまがりのおかのうえのみささぎ)」として陵墓に指定され、宮内庁が管理しています。地域の名を取って「行燈山(あんどんやま)古墳」とも呼ばれています。



    ・黒塚古墳
    黒塚古墳が姿を現す。池に映し出された墳丘のシルエットが美しい!「画文帯神獣鏡」1面と「三角縁神獣鏡」33面の、計34面もの鏡が出土して全国的な話題に。槍や刀など鉄製の武器も確認された。ほとんどの副葬品が当時そのままの原位置を保って出土した、貴重な発掘調査となりました。

     

    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 近畿
    食事 朝食:1回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 12,990円
    旅行日数 1日
    出発日 6月20日・25日・28日
    コース番号 3K1382

    リクエストにお答えします!
    行ったことがないところに先生と行ってみたい!
    伊勢神宮や出雲大社・九州へ先生の案内を聞きながら参拝したい!

     

    新シリーズ!大人気講師 山崎末王先生といく! 全8回 
    2020年 日本書記編纂1300年記念
    神々の出現から天皇の系譜 『史跡で巡る古代ロマンの世界・はじめての日本書紀』



    ・石切神社
    「石切さん」と呼ばれる石切劔箭(いしきりつるぎや)神社の御祭神は、親子で祀られた神様。父の饒速日尊(にぎはやひのみこと)と、息子の可美真手命(うましまでのみこと)
    もともとは、今の本社から1㎞程山を登った「上之社(かみのしゃ)」に饒速日尊をお祀りしたのが始まりで、のちに「下之社(しものしゃ)」に可美真手命が祀られました。饒速日尊(にぎはやひのみこと)は、天孫降臨で有名な瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と同じ、天照大神の孫であり、神々が住む高天原から降臨してきた。天照大神から「十種の瑞宝(かんだから)」を授かって、大和の国を治めるために降り立ったのだ。さらに饒速日尊は「フツノミタマの剣」と、天孫であることを証明する「天羽々矢」を携えて降臨した。境内にある絵馬殿の屋根上には「剣」と「矢」が天に向かって立っています。




    ・橿原神宮
    日本最古の正史ともされる『日本書紀』において、日本建国の地と記された橿原。
    天照大神の血を引く神倭伊波禮毘古命かむやまといわれびこのみこと(後の神武天皇)が、
    豊かで平和な国づくりをめざして、九州高千穂の宮から東に向かい、想像を絶する苦難を乗り越え、畝傍山うねびやまの東南の麓に橿原宮を創建されました。
    第一代天皇として即位されたのが紀元元年、今からおよそ2,600余年前のことです。
    日本の歴史と文化の発祥の地でもある橿原は、日本の原点ともいえるでしょう

     

    ・久米寺
    もともとここは久米部の武人の住んだ地といわれ、推古天皇2年の時に聖徳太子の弟だった来目皇子(くめのおうじ)の創建と伝えらる古寺です。一方で、飛行中に娘に見とれて墜落した久米仙人によって創建されたという伝説もある。



    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 近畿
    食事 朝食:1回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 12,990円
    旅行日数 1日
    出発日 11月7日・15日・23日
    コース番号 3K1383

    リクエストにお答えします!
    行ったことがないところに先生と行ってみたい!
    伊勢神宮や出雲大社・九州へ先生の案内を聞きながら参拝したい!

     

    新シリーズ!大人気講師 山崎末王先生といく! 全8回 
    2020年 日本書記編纂1300年記念
    神々の出現から天皇の系譜 『史跡で巡る古代ロマンの世界・はじめての日本書紀』

     

    ・世界遺産 仁徳天皇陵
    仁徳天皇陵古墳(大仙陵古墳)は、堺市堺区にあるわが国最大の前方後円墳!
    北側の反正陵古墳、南側の履中陵古墳(ミサンザイ古墳)を合わせて、百舌鳥耳原三陵と呼ばれ、仁徳天皇陵は正式名を百舌鳥耳原中陵(もずみみはらなかのみささぎ)という。日本書紀によると、仁徳天皇が行幸して陵地を定め工事を始めたところ、鹿が野の中から走り出てにわかに倒れた。人々があやしんで調べると、その耳の中から百舌鳥が飛び去り、鹿の耳の中が食いさかれていたので、ここを百舌鳥耳原と名付けたと記されています。当時は、大和朝廷の最盛期で、天皇は在世中20年の歳月をかけて築造したと伝えられています。

     

    ・近つ飛鳥博物館
    近つ飛鳥風土記の丘は日本を代表する群集墳「一須賀古墳群」を保存し、貴重な文化財に触れ・学び・親しむ場として設置した史跡公園です。
    29へクタールの園内には102基の古墳が保存されています。そのうち40基を整備し、見学できるようにしています。
    「近つ飛鳥」という地名は、712年口述筆記された「古事記」に記載があります。
    履中天皇の同母弟(後の反正天皇)が、難波から大和の石上神宮に参向する途中で二泊し、その地を名付けるに、近い方を「近つ飛鳥」、遠い方を「遠つ飛鳥」と名付けたというものです。「近つ飛鳥」は今の大阪府羽曳野市飛鳥を中心とした地域をさし、「遠つ飛鳥」は奈良県高市郡明日香村飛鳥を中心とした地域をさします。この「近つ飛鳥」の地は、難波の津と大和飛鳥を結ぶ古代の官道-竹内街道の沿線にあたり、周辺には大陸系の遺物を出土する6世紀中葉以降の群集墳が広がっています。



    ・聖徳太子の御廟所 叡福寺
    草創は、聖徳太子が生前の推古天皇28年(620)にこの地を墓所と定められたことからはじまる。そしてその翌年に太子の生母である穴穂部間人皇后がここに埋葬された。続いて聖徳太子と妃・膳部菩岐々美郎女が推古天皇30年に相次い亡くなり、ここに追葬された。 同年、推古天皇は聖徳太子の霊を慰めるために墓所の前に、坊舎十軒余りを建て香華寺とした。下って神亀元年(724)、聖武天皇の発願によって東院(転法輪寺)・西院(叡福寺)が整備されて伽藍を整えたとされる。



    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 近畿
    食事 朝食:1回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 11,000円
    旅行日数 日帰り
    出発日 1月25日
    コース番号 3M151

    初詣・初湯・福を呼ぶ新名所にご案内!
    新春ご利益ミステリー
     
    ①ホテル最上階!ライブビュッフェも人気!約40種ランチバイキング
    ②初詣・ねずみ年 涙でねずみを絵を書いたゆかりの地初詣!
    ③あなぶきツアー初登場 福を呼ぶ〇〇〇〇〇美術館
    ④ツアーのお客様だけに学芸員が特別にご案内!
    ⑤初湯!全国に知られる美肌造りの湯・名湯〇〇温泉にご入浴
    ⑥もちつき体験!
    ⑦できたてお餅はあつあつぜんざいに!
    ⑧長寿箸お持ち帰り♪
    ⑨ねずみのストラップ プレゼント!
    ⑩ゆっくり8:00頃出発(高松駅)
     
    【運行バス会社:西讃観光バスまたは同等クラス】

    目的地 ミステリー
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 13,990円
    旅行日数 1日
    出発日 7月13日・18日・26日
    コース番号 3N396

    リクエストにお答えします!
    行ったことがないところに先生と行ってみたい!
    伊勢神宮や出雲大社・九州へ先生の案内を聞きながら参拝したい!

     

    新シリーズ!大人気講師 山崎末王先生といく! 全8回 
    2020年 日本書記編纂1300年記念
    神々の出現から天皇の系譜 『史跡で巡る古代ロマンの世界・はじめての日本書紀』

     

    ・荒神谷遺跡
    日本最古の歴史書である「古事記」などには古代出雲の記述があり、神話の舞台としても数多く登場する地であるにもかかわらず、「出雲王国」を具体的に証明できるものがなかったため、それらは神話の域を脱する事はありませんでした。しかしここの大量の青銅器の発見に「出雲には何かがあった」と出雲王国の存在を誰もが感じ、神話は一気に現実味を帯びることになりました。荒神谷博物館では、企画展示や大型映像、ジオラマなどで遺跡の謎にせまります!




    ・八重垣神社
    高天原から出雲の斐の川上に降り立った素盞嗚尊は、老夫婦(脚摩乳、手摩乳)と稲田姫が泣いている様を御覧になられ、八岐大蛇を退治し、稲田姫の命を御救いになったのです。
    この時、素盞嗚尊は、斐の川上から七里離れた佐草の郷"佐久佐女の森(奥の院)"に、大杉を中心に『八重垣』を造り、稲田姫を御隠しになりました。八岐大蛇を御退治になった素盞嗚尊は、ご両親の脚摩乳、手摩乳の御許しを得て夫婦となり、この佐草の地に宮造りされ、御夫婦の宮居とし縁結びの道をおひらきになられたのです。

     

    ・熊野大社
    「伊邪那伎日真名子」とは国生みを始めて生きとし生けるものを生かし、その主宰の神をもお生みになられましたイザナギノミコト・イザナミノミコトの可愛がられる御子の意です。「加夫呂伎」とは神聖なる祖なる神様であります。
    「熊野大神櫛御気野命」とは、この熊野に坐します尊い神の櫛御気野命という意です。この御神名は素戔嗚尊(スサノオノミコト)の別神名であります。

     

    ・神魂(かもす)神社
    「出雲国造(いずものくにのみやつこ)」の大祖といわれる「天穂日命(あめのほひのみこと)」がこの地に降り立ち、出雲の守護神として神社を創建。




    【運行バス会社:ことでんバスまたは同等クラス】

    目的地 山陰
    食事 朝食:1回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 13,990円
    旅行日数 1日
    出発日 9月12日・14日・20日
    コース番号 3N397

    リクエストにお答えします!
    行ったことがないところに先生と行ってみたい!
    伊勢神宮や出雲大社・九州へ先生の案内を聞きながら参拝したい!

     

    新シリーズ!大人気講師 山崎末王先生といく! 全8回 
    2020年 日本書記編纂1300年記念
    神々の出現から天皇の系譜 『史跡で巡る古代ロマンの世界・はじめての日本書紀』

     

    ・出雲大社
    縁結びの神・福の神として名高い「出雲大社(正式な読みはいづもおおやしろ)」は、日本最古の歴史書といわれる『古事記』にその創建が記されているほどの古社で、明治時代初期まで杵築大社(きづきたいしゃ)と呼ばれていました。
    主祭神はだいこく様として馴染みの深い「大国主大神」で、『古事記』に記される国譲り神話には、大国主大神が高天原の天照大神に国を譲り、その時に造営された壮大な宮殿(※)が出雲大社の始まりといわれています。
    ※『日本書紀』では天日隅宮(あめのひすみのみや)と表記

     

    ・古代出雲歴史博物館
    これまで発見された遺跡や資料をもとに、古代出雲を様々な角度からのぞくことができる博物館。
    神話の世界が甦えります。展示室は『出雲大社と神々の国のまつり』『出雲国風土記の世界』『青銅器と金色の大刀』の三つのテーマに分かれ、古代出雲を様々な切り口で紹介いたします。
    幻の巨大神殿をはじめ、当時の文化や人々の暮らしなどを、復元模型や出雲国風土記の資料等を交えて分かりやすく解説しています。中でも発掘された青銅器や、200本以上の銅剣の復元模型は圧巻です



    ・稲佐の浜
    国譲り、国引き神話の舞台
    出雲大社の西方1kmにある海岸で、国譲り、国引きの神話で知られる浜。
    浜辺の奥に大国主大神と武甕槌神が国譲りの交渉をしたという屏風岩があり、海岸の南には、国引きのとき、島を結ぶ綱になったという長浜海岸(薗の長浜)が続いています。また、この浜は旧暦10月10日に、全国の八百万の神々をお迎えする浜でもあります。

     

    ・日御碕神社
    島根半島の西端に位置する日御碕神社は、『出雲国風土記』に「美佐伎社」と記される歴史ある神社です。神社は下の宮「日沉宮(ひしずみのみや)」と上の宮「神の宮」の上下二社からなり、両本社を総称して「日御碕神社」と呼ばれます。
    楼門をくぐり、右手の小高いところには「神の宮」があり、こちらには素盞嗚尊が祀られています。
    出雲の国造りをしたスサノオが、根の国(黄泉国)より「吾が神魂はこの柏葉の止まる所に住まん」と柏の葉を投げて占ったところ、柏葉は風に舞いこの神社背後の「隠ヶ丘」に止まったということです。
    その後スサノオの五世の孫、天葺根命(アメノフキネノミコト)がこの地にスサノオを奉斎したといわれています。

     

    【運行バス会社:ことでんバスまたは同等クラス】

    目的地 山陰
    食事 朝食:1回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 10,990円
    旅行日数 日帰り
    出発日 1月25日
    コース番号 3P973

    京都NO1初詣 
    1300年以上の歴史を誇る“お稲荷さん”
    商売繁昌・家内安全 伏見稲荷大社初詣
    そんな大人気の伏見稲荷大社の最大の見どころといえば、“千本鳥居”。朱塗りの鳥居がズラリと連なる光景は、圧巻のひとことです! これは江戸時代以降に、願いごとが「通るように」または「通った」というお礼をこめて、鳥居を奉納する習慣が広まったことによるものだとか。
     
    日本でここだけ!狛ねずみがお出迎え! 縁を導いてくれる大豊神社
    特に狛犬ならぬ狛ねずみの大国社が有名で、12年に一度のねずみ年にはテレビや新聞で取り上げられて、子年の正月には初詣客で長蛇の列となります。左側の吽形狛鼠が抱えているものは水玉でこれは長寿を表しています。右側の阿形狛鼠が抱え持っているものは学問を意味する巻物です。大国社(だいこくしゃ)には大国主命(おおくにぬしのみこと) がお祀りされています。大国社の狛ねずみは大国主命を助けたというねずみの伝説がその起源になっています。
    ※バスを降りて約10分ほど歩きます。
     
    ホテルグランヴィア京都 
    オープンキッチンが人気!約60種ランチバイキングをご用意いております。
     
    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 京都
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る