次へ

次へ

次へ

次へ

出発地の選択へ

さぁ、はじめよう!

出発地を選んでください

検索結果

検索条件に該当するツアーは2件です

テーマ:【船】

再検索
旅行代金 49,800円~54,800円
旅行日数 1泊2日
出発日 10月2日・11日
コース番号 3N402

補足情報 支援額14,000円 ■お支払い実額 35,800~40,800円 ■地域共通クーポン *実施日決定後にご案内します

GoToトラベル事業支援対象コースの場合、下記カレンダー内掲載の旅行代金は、支援金適用前のものとなります。ツアーご予約の際は、必ず予約画面のオプション選択にて、該当の「GoToトラベル支援金」を選択して下さい。
旅行代金の金額によって、支援金が異なります。お間違いのないようにご選択ください。

 
日本海に浮かぶ美しい自然と歴史の国、隠岐の島。隠岐諸島は、山陰地方の島根半島より北方約50kmにある諸島です。
ゆったり楽々の往復高速船利用!高速船利用なので、島前から島後までたっぷり観光地も網羅!
 
★国賀海岸
玄武岩の溶岩が荒波と潮風に浸食されてそそり立つ大断崖や奇岩怪礁、洞窟が延々と続き、自然の造形美の局地を堪能することができます。海岸の荒々しさとは対照的に断崖の上は雄大な草原。牛や馬がのんびりと草をはむ牧歌的な風景もご覧いただけます。
 
★ローソク島遊覧
島後NO.1景勝地。約20メートルの高さでそびえ立つ奇岩ローソク島。島の先端に夕日が重なるその瞬間、まるで一本の巨大ローソクに火を灯したように輝く。船上からしか観ることの出来ないロマンチックで感動の一瞬。
 
★隠岐プラザホテル
島後の港にほど近い隠岐プラザホテルにてご宿泊。全室海側のお部屋にて、島ならではの港風景もご覧いただけます。
ご夕食は、しまどれ桶盛海鮮会席をご用意!対馬暖流とリマン寒流とが交わる日本有数の漁場でとれた新鮮な海の幸。
隠岐ならではの海の幸、新鮮な新鮮な味覚を存分にお召し上がり下さい。
 
【運行バス会社:阿波交通または同等クラス】

目的地 山陰
食事 朝食:2回 昼食:2回 夕食:1回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 17,990円
    旅行日数 1日
    出発日 11月1日・11日・15日・18日
    コース番号 3S534

    古い町並みと現代アートが調和する直島
    現地では楽々ジャンボタクシーに乗り換え!

    ★ベネッセハウスミュージアム
    1992年に開館した、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、安藤忠雄が設計した美術館とホテルが一体となった施設です。
    館内には収蔵作品に加え、アーティストがその場所のために制作したサイトスペシフィック・ワークが恒久設置されています。アーティストは自ら場所を選び、作品を制作しています。作品は展示スペースにとどまらず、館内のいたるところに設置され、施設をとりまく海岸線や林の中にも点在しています。 館内だけでなく、瀬戸内の豊かな自然があふれる周辺を散策しながら思わぬ作品に出会うこともこの施設の楽しみ方の一つです。 

    ご昼食は、ベネッセハウスミュージアム内にある『日本料理 一扇』で旬の食材を使った豪華吉野棚御膳をご用意しております!

    ★地中美術館
    2004年に設立された美術館。安藤忠雄設計の館内にはクロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が恒久設置されています。アーティストと建築家とが互いに構想をぶつけ合いながら作り上げたこの美術館は、建物全体が巨大なサイトスペシフィック・ワークといえるでしょう。瀬戸内海の美しい景観を損なわないよう、建物の大半が地下に埋設されたこの美術館は、地下でありながら自然光が降り注ぎ、一日を、また四季を通して作品や空間の表情が刻々と変わります。

    ★家プロジェクト
    家プロジェクトは直島・本村地区において展開するアートプロジェクトです。「角屋」(1998年)に始まったこのプロジェクトは、現在7軒が公開されています。点在していた空き家などを改修し、人が住んでいた頃の時間と記憶を織り込みながら、空間そのものをアーティストが作品化しています。地域に点在する作品は、現在も生活が営まれている本村を散策しながら鑑賞することになります。

    目的地 四国
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る