次へ

次へ

次へ

次へ

出発地の選択へ

さぁ、はじめよう!

出発地を選んでください

検索結果

検索条件に該当するツアーは50件です

ツアータイプ:【日帰りバス】

再検索
旅行代金 13,990円
旅行日数 1日
出発日 7月13日・18日・26日
コース番号 3N396

リクエストにお答えします!
行ったことがないところに先生と行ってみたい!
伊勢神宮や出雲大社・九州へ先生の案内を聞きながら参拝したい!

 

新シリーズ!大人気講師 山崎末王先生といく! 全8回 
2020年 日本書記編纂1300年記念
神々の出現から天皇の系譜 『史跡で巡る古代ロマンの世界・はじめての日本書紀』

 

・荒神谷遺跡
日本最古の歴史書である「古事記」などには古代出雲の記述があり、神話の舞台としても数多く登場する地であるにもかかわらず、「出雲王国」を具体的に証明できるものがなかったため、それらは神話の域を脱する事はありませんでした。しかしここの大量の青銅器の発見に「出雲には何かがあった」と出雲王国の存在を誰もが感じ、神話は一気に現実味を帯びることになりました。荒神谷博物館では、企画展示や大型映像、ジオラマなどで遺跡の謎にせまります!




・八重垣神社
高天原から出雲の斐の川上に降り立った素盞嗚尊は、老夫婦(脚摩乳、手摩乳)と稲田姫が泣いている様を御覧になられ、八岐大蛇を退治し、稲田姫の命を御救いになったのです。
この時、素盞嗚尊は、斐の川上から七里離れた佐草の郷"佐久佐女の森(奥の院)"に、大杉を中心に『八重垣』を造り、稲田姫を御隠しになりました。八岐大蛇を御退治になった素盞嗚尊は、ご両親の脚摩乳、手摩乳の御許しを得て夫婦となり、この佐草の地に宮造りされ、御夫婦の宮居とし縁結びの道をおひらきになられたのです。

 

・熊野大社
「伊邪那伎日真名子」とは国生みを始めて生きとし生けるものを生かし、その主宰の神をもお生みになられましたイザナギノミコト・イザナミノミコトの可愛がられる御子の意です。「加夫呂伎」とは神聖なる祖なる神様であります。
「熊野大神櫛御気野命」とは、この熊野に坐します尊い神の櫛御気野命という意です。この御神名は素戔嗚尊(スサノオノミコト)の別神名であります。

 

・神魂(かもす)神社
「出雲国造(いずものくにのみやつこ)」の大祖といわれる「天穂日命(あめのほひのみこと)」がこの地に降り立ち、出雲の守護神として神社を創建。




【運行バス会社:ことでんバスまたは同等クラス】

目的地 山陰
食事 朝食:1回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 13,990円
    旅行日数 1日
    出発日 9月12日・14日・20日
    コース番号 3N397

    リクエストにお答えします!
    行ったことがないところに先生と行ってみたい!
    伊勢神宮や出雲大社・九州へ先生の案内を聞きながら参拝したい!

     

    新シリーズ!大人気講師 山崎末王先生といく! 全8回 
    2020年 日本書記編纂1300年記念
    神々の出現から天皇の系譜 『史跡で巡る古代ロマンの世界・はじめての日本書紀』

     

    ・出雲大社
    縁結びの神・福の神として名高い「出雲大社(正式な読みはいづもおおやしろ)」は、日本最古の歴史書といわれる『古事記』にその創建が記されているほどの古社で、明治時代初期まで杵築大社(きづきたいしゃ)と呼ばれていました。
    主祭神はだいこく様として馴染みの深い「大国主大神」で、『古事記』に記される国譲り神話には、大国主大神が高天原の天照大神に国を譲り、その時に造営された壮大な宮殿(※)が出雲大社の始まりといわれています。
    ※『日本書紀』では天日隅宮(あめのひすみのみや)と表記

     

    ・古代出雲歴史博物館
    これまで発見された遺跡や資料をもとに、古代出雲を様々な角度からのぞくことができる博物館。
    神話の世界が甦えります。展示室は『出雲大社と神々の国のまつり』『出雲国風土記の世界』『青銅器と金色の大刀』の三つのテーマに分かれ、古代出雲を様々な切り口で紹介いたします。
    幻の巨大神殿をはじめ、当時の文化や人々の暮らしなどを、復元模型や出雲国風土記の資料等を交えて分かりやすく解説しています。中でも発掘された青銅器や、200本以上の銅剣の復元模型は圧巻です



    ・稲佐の浜
    国譲り、国引き神話の舞台
    出雲大社の西方1kmにある海岸で、国譲り、国引きの神話で知られる浜。
    浜辺の奥に大国主大神と武甕槌神が国譲りの交渉をしたという屏風岩があり、海岸の南には、国引きのとき、島を結ぶ綱になったという長浜海岸(薗の長浜)が続いています。また、この浜は旧暦10月10日に、全国の八百万の神々をお迎えする浜でもあります。

     

    ・日御碕神社
    島根半島の西端に位置する日御碕神社は、『出雲国風土記』に「美佐伎社」と記される歴史ある神社です。神社は下の宮「日沉宮(ひしずみのみや)」と上の宮「神の宮」の上下二社からなり、両本社を総称して「日御碕神社」と呼ばれます。
    楼門をくぐり、右手の小高いところには「神の宮」があり、こちらには素盞嗚尊が祀られています。
    出雲の国造りをしたスサノオが、根の国(黄泉国)より「吾が神魂はこの柏葉の止まる所に住まん」と柏の葉を投げて占ったところ、柏葉は風に舞いこの神社背後の「隠ヶ丘」に止まったということです。
    その後スサノオの五世の孫、天葺根命(アメノフキネノミコト)がこの地にスサノオを奉斎したといわれています。

     

    【運行バス会社:ことでんバスまたは同等クラス】

    目的地 山陰
    食事 朝食:1回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
    • 鳥取日帰りバス
    • 出発決定日あり

    豪華お土産付!カニの恩返しスペシャル

    旅行代金 13,990円
    旅行日数 1日
    出発日 3月4日・8日・9日・14日・15日・20日・21日・22日・25日
    コース番号 3N399

    3月だけの豪華お土産付特別企画!
    今年は穴吹トラベル30周年を記念して、昨年よりもグレードアップして再登場です!

    ●ご昼食は、かに10品のフルコースをご賞味!
    約750グラムの特大姿ガニをど~んと1枚、カニ刺し、カニ鍋、カニ味噌、かにせいろ蒸し、
    かにグラタン、かに焼売、かに爪フライ、かに身入り茶碗蒸し、かにチラシ寿司の10品。
    身がしっかり詰まった750グラムの特大ガニは、食べ応えたっぷりです!

    ●30周年記念で30%増量!豪華お土産付
    ☆大好評のカニスキセットを増量でお持ち帰り(ズワイガニLサイズ5肩20本 約3~4人前)
    自宅に帰ってもカニを楽しめるといったご意見や、近所の方へのお土産にも最適と評判をいただいてます。

    ●鳥取砂丘
    南北2.4km、東西16km、最大高低差90m---“鳥取砂丘”。あるときは豪快に、あるときはおだやかに表情を変えます。
    風が吹くたびに変わる風紋や砂簾〔されん〕は、まさに自然がつくりだす芸術。
    また砂丘に魅せられた文化人も多く、郷土出身の写真家植田正治だけでなく、有島武郎や志賀直哉、
    与謝野鉄幹・晶子夫妻など多くの文人歌人も訪れ、この偉大な自然の造形美を讃えています。

    【運行バス会社:四国中央観光または同等クラス】

    目的地 山陰
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 13,990円
    旅行日数 1日
    出発日 1月20日
    コース番号 3P949

    いつもの旅に「学び」を取り入れた新しい旅のカタチ!
    専任講師が楽しく分かりやすくご案内。歴史入門に最適!全8回

    専任講師 山崎末王先生
    あなぶきツアーの仏像・日本史シリーズ・歩く奈良シリーズでも人気講師!
    奈良語り部の会の一員で現代人に分かりやすいユニークな解説に定評があります。

    もう一度学ぶ日本史⑧ 室町時代以降 -史跡から学ぶ天皇家ー

    天皇家沈黙の時代から新しい時代へ
    ~現存する世界最古の皇統『天皇家』~

    ・二条城
    慶長8(1603)年、徳川家康によって建てられ、数々の歴史の舞台になってきた二条城。3代家光が増築を行い、寛永3(1626)年に現在の規模に。東西約600メートル、南北約400メートルに塁を築き堀をめぐらす。二の丸庭園(特別名勝)周辺をご案内します。

    ・泉涌寺
    天皇家からも篤く信仰された御寺泉涌寺とは. 真言宗泉涌寺派の総本山。
    皇室との関連が深く『御寺(みてら)』 とも呼ばれます。

    ・明治天皇陵
    幕末に父・孝明天皇の崩御を受け15歳で即位。 近代的立憲国家の確立に尽力し1912年59歳で崩御、遺言に基づき伏見桃山の地に埋葬されました。 大正天皇以降の陵は東京八王子にあり京都で最後の天皇陵。


    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 京都
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 37,990円
    旅行日数 1日
    出発日 2月19日
    コース番号 3P969

    約10名様限定  明治元年の老舗旅館  間人温泉 炭平
    日本最高品質“はしうど蟹“約800g特大活蟹使用!活カニフルコース
    蟹刺し / 蟹みそ / みそしゃぶ / 蟹しゃぶ / 蟹炭火焼 / 蟹甲羅焼 / 茹コッペカニ / 蟹ちり鍋 / 蟹雑炊


    日本唯一 蟹料理・現代の名工の宿

    美食家つどう海の京料理 昭恋館 よ志のや
    間人ガニ刺し・間人ゆでカニ付 厳選 約1kg級北洋ズワイガニフルコース
    ・先付け ・間人蟹刺し ・間人茹で蟹 ・焼蟹 ・甲羅焼 ・蟹みそスープ ・蟹すき鍋 ・蟹雑炊
     
    肌を包み込むようにしっとりとしたお湯
    宇川温泉 よし野の里 でゆっくりお過ごしくださいませ。
     
    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 近畿
    食事 朝食:1回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 10,990円
    旅行日数 日帰り
    出発日 1月25日
    コース番号 3P973

    京都NO1初詣 
    1300年以上の歴史を誇る“お稲荷さん”
    商売繁昌・家内安全 伏見稲荷大社初詣
    そんな大人気の伏見稲荷大社の最大の見どころといえば、“千本鳥居”。朱塗りの鳥居がズラリと連なる光景は、圧巻のひとことです! これは江戸時代以降に、願いごとが「通るように」または「通った」というお礼をこめて、鳥居を奉納する習慣が広まったことによるものだとか。
     
    日本でここだけ!狛ねずみがお出迎え! 縁を導いてくれる大豊神社
    特に狛犬ならぬ狛ねずみの大国社が有名で、12年に一度のねずみ年にはテレビや新聞で取り上げられて、子年の正月には初詣客で長蛇の列となります。左側の吽形狛鼠が抱えているものは水玉でこれは長寿を表しています。右側の阿形狛鼠が抱え持っているものは学問を意味する巻物です。大国社(だいこくしゃ)には大国主命(おおくにぬしのみこと) がお祀りされています。大国社の狛ねずみは大国主命を助けたというねずみの伝説がその起源になっています。
    ※バスを降りて約10分ほど歩きます。
     
    ホテルグランヴィア京都 
    オープンキッチンが人気!約60種ランチバイキングをご用意いております。
     
    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 京都
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 15,990円
    旅行日数 1日
    出発日 1月29日・30日
    2月2日・8日・13日・19日・23日・24日・29日
    コース番号 3P975

    あなぶきツアー初登場 下見厳選
    京丹後の漁師民宿で約1.2kg(2杯)食す! 約700ℊ~800g 生ガニフルコース
    お好きな食べ方でお召し上がりください。
    ・そのままカニ刺しで!
    ・お宿自慢の遠赤外線囲炉裏で甲羅焼と香ばしい焼きカニで!
    ・鍋に入れてかにすきで! 〆は雑炊をお楽しみください。
    さらに 約500g茹でずわいガニ1杯付

    ☆おすすめポイント☆
    冬の味覚の王者かにを、余すことなく味わうのかにフルコース。食べ応え満点な巨大生がにを食べやすくカットし、全て刺身の状態で提供!まずはそのまま、心ゆくまでかに刺しを!次に、遠赤外線囲炉裏で、焼きがに・甲羅焼をご堪能下さい。後半はかにすきを囲み、〆の雑炊は格別です。さらに茹でガニも1杯ありますのでカニ三昧の一日に♪


    ・日本三景 天橋立ご散策
    日本海の宮津湾にある『天橋立』は、陸奥の『松島』・安芸の『宮島』とともに、日本三景とされている特別名勝のひとつです。 幅は約20~170m・全長約3.6kmの砂嘴(さし)でできた砂浜で、約5000本もの松が茂っている珍しい地形で、その形が、天に架かる橋のように見えることから『天橋立』の名が付きました。
    また創業元禄3年から続く“智恵の餅”の四軒茶屋のお買い物もお楽しみください。


    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 京都
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 10,990円
    旅行日数 1日
    出発日 1月26日
    2月1日
    コース番号 3P976

    2020年から始める京のご朱印めぐり  全7回
    ☆季節のお花をめぐりながら、朱印めぐりをします!
    (1月のみ1年間のご利益を得られるように初詣ツアーです)
    ☆その月限定の特別朱印をいただきます(全寺院ではございません)
    ☆第1回ご参加の方はご朱印バンドプレゼント♪ 全7回ご参加の方は、ご朱印ケースプレゼント!
    ☆もちろんご朱印は添乗員が代行しますので、ゆっくりご参拝頂けます。


    ・正月限定恵方朱印 八坂神社
    全国の八坂神社の総本社であり、その分社数は全国になんと約3000社。
    御祭神は、素戔嗚尊(すさのをのみこと)・櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)・八柱御子神(やはしらのみこがみ)。厄除け・疫病退散にご利益があるパワースポット!
    摂末社が数多く祀られており、中にはユニークなお社【心願成就のパワースポット・悪王子神社や、困難を切り開く「刃物神社」】もあるので隅から隅まで歩いてみるのも面白いかもしれません。

    ・京の七福神女神様・六波羅密寺 
    ご参加いただいた皆様全員に2020年を占う!開運推命みくじ付!  
    よくある「大吉」「中吉」「小吉」といった、運試しのようなおみくじではなく、四柱推命を元にしたおみくじになっています。四柱推命では、生年月日と性別で運気を見るため、一年中、何度引いてもいつ引いても、結果が同じになるというわけです。普通のおみくじよりも多くの事が書いてあり、読み応えがある、また、よく当たる!と評判です!

    ・正月限定朱印“大福帳”
    大福寺
    「大福」という縁起の良い寺号により,正月には商売繁盛を祈願して商家の出納帳に寺の宝印を授与する習わしがあり,「大福帳」の名の由来となっている。安産腹帯地蔵尊と京都七福神の布袋尊も祀り,現在も広く信仰を集めています。

    ご昼食は、京都ホテルオークラ 約60種類ランチバイキングをご用意しております。

    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 京都
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
    • 京都日帰りバス
    • 出発決定日あり

    一等席で観る!市川海老蔵 特別公開

    ©松竹
    旅行代金 24,990円
    旅行日数 1日
    出発日 2月23日
    コース番号 3P977

    2020年市川團十郎白猿襲名前、市川海老蔵として最後の『勧進帳』を披露!
    一、羽衣(はごろも)天女 中村 児太郎
    二、ご挨拶
    三、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)
    武蔵坊弁慶 市川 海老蔵
    源義経 中村 児太郎
    富樫左衛門 市川 右團次


    一、羽衣(はごろも)
     舞台は駿河国の三保の松原。この地の漁師である伯竜が、浜辺の松の木に掛けられた羽衣を見つけます。伯竜がこれを家宝にしようと手に立ち去ろうとすると、羽衣の持ち主である天女が姿を現し、羽衣を返してほしいと願います。伯竜から羽衣を受け取った天女は、お礼に優雅な舞を披露すると、天へと戻ってゆきます。三保の松原に残る羽衣伝説を題材にした能「羽衣」を舞踊化した作品です。幻想的な美しさと幽玄な世界を、児太郎の天女でご堪能ください。

    二、ご挨拶
    三、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)
    『勧進帳』は、天保11(1840)年3月、江戸河原崎座で七世市川團十郎により初演されました。これを九世團十郎が洗練して、今日の歌舞伎屈指の人気演目として上演を重ねています。
     兄頼朝との不和により源義経は、弁慶ら家来達とともに都を落ち延び、山伏姿に身をやつして奥州を目指します。安宅の関に差し掛かった一行ですが、関守の富樫左衛門は通行を許しません。そこで白紙の巻物を勧進帳として読み上げる弁慶。命がけで主君を守ろうとする弁慶の姿に心を打たれた富樫は、一行が義経主従と悟りつつも関所の通行を許すのでした。


    ご昼食は、なだ万お弁当付

    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 京都
    食事 朝食:1回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
    • 京都日帰りバス
    • 出発決定日あり

    京都迎賓館と宝蔵寺寺宝展

    出展:内閣府 迎賓館ウェブサイト
    旅行代金 13,990円
    旅行日数 1日
    出発日 2月9日・11日
    コース番号 3P978

    期間限定!祝賀御列の儀で天皇皇后両陛下が乗車されたオープン・カーを展示!
    40名様限定
    現地ガイド付 京都迎賓館
    京都迎賓館は、日本の歴史、文化を象徴する都市・京都で、海外からの賓客を心をこめてお迎えし、日本への理解と友好を深めていただくことを目的に、平成17年(2005年)4月に開館した国の迎賓施設です。
    当館は、日本建築の長い伝統の粋と美しさを現代の建築技術と融合させる「現代和風」の創造を目指して設計されました。
    東京にある迎賓館赤坂離宮とともに、国公賓などの賓客の接遇の場としての役割を果たしています。

    ※迎賓館の見学を申請中です。出発決定までもうしばらくお待ちくださいませ。
    ・国公賓等の接遇その他迎賓館の運営上の都合により、一般公開が中止となる場合があります。
    ・写真撮影は可能ですが、業務用大型カメラ及び三脚・脚立の持ち込みはできません。
    ・オープン・カー展示時は内閣府管理の車両となっているため、菊の御紋章と皇ナンバー等は、展示車両から取り外した状態で同時に展示する予定です。
    ・2007年4月1日以降に生まれた方はご見学頂けません。
     

    若冲が描いた「竹に雄鶏図」「髑髏図」や、若冲弟子・若演による「大黒天図」を初公開
    若冲ゆかりの寺 宝蔵寺寺宝展

    ご昼食はからすま京都ホテル 松花堂弁当をご用意しております。

    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 京都
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る