次へ

次へ

次へ

次へ

出発地の選択へ

さぁ、はじめよう!

出発地を選んでください

検索結果

検索条件に該当するツアーは26件です

テーマ:【教養・歴史、美術館、工場見学・体験、ガイド付ツアー】

再検索
旅行代金 13,980円
旅行日数 1日
出発日 7月11日
コース番号 3B513

名城第31回 謎の山城『鬼ノ城』

★鬼ノ城
鬼ノ城は吉備高原の南端標高約394mの鬼城山に築かれた約30haにも及ぶ巨大な朝鮮式城郭構造をもつ山城です。
大和朝廷によって国の防衛のために築かれたとされる古代山城です。歴史書には一切記されておらず、その歴史は解明されずに謎のままです。また昔話「ももたろう」の原形といわれる「温羅伝説」の地として知られています。

★備中国分寺
南部のアカマツにつつまれた丘陵地のほぼ中心部に位置し、聖武天皇の発願によって創建された国分寺の一つです。建物は南北朝時代に焼失したと伝えられ、現在の建物は江戸時代中期以降に再建されました。境内にそびえる五重塔は、県内唯一のもので吉備路の代表的な景観となっています。また、あたり一面をヒマワリが鮮やかに彩る様子もお楽しみください。

★特別史跡 旧閑谷学校
閑谷学校は江戸時代前期の寛文10年(1670)に岡山藩主池田光政によって創建された、現存する世界最古の庶民のための公立学校です。平成27年4月には、特別史跡旧弘道館、史跡足利学校跡、史跡咸宜園跡などとともに最初の日本遺産に認定されました。


【運行バス会社:四国中央観光バスまたは同等クラス】

目的地 山陽
食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 9,990円
    旅行日数 1日
    出発日 6月14日
    8月10日
    コース番号 3B514

    ★広島城
    広島城は天正17年(1589)、中国地方の大半を領有していた毛利輝元によって水陸交通の便のよいこの地に築城が開始されました。この時、石垣や堀、天守閣等の建物、城下町を含む大規模な工事が行われました。毛利氏は関ヶ原合戦の後移封されますが、江戸時代には福島正則、浅野長晟以下浅野氏12代の居城となりました。明治時代以降も天守閣やいくつかの建物は残されましたが、原爆によりすべての建物が全壊しました。天守閣は昭和33年(1958)に再建され、資料や模型等で広島の歴史を紹介する博物館となっており、年間6本程度の企画展や、様々な普及事業を行っています。また、平成6年(1994)までに二の丸の建物が木造で再建されるともに、城跡内には江戸時代以前の石垣及び内堀が残り、史跡に指定されています。

    ★吉田郡山城
    「西日本最大級の中世の城」として知られる郡山城(広島県安芸高田市)。地名から「吉田郡山(よしだこおりやま)城」とも呼ばれます。このお城の最大のみどころは、標高390m、比高190mの山頂を中心として、放射状に築かれた270もの曲輪。山頂に築かれた本丸を中心として放射状に伸びる6本の尾根と、さらに尾根から分かれる支尾根が6本、合わせて12本の尾根が生かされています。さらに、12本の尾根の間にある12ヵ所の谷を曲輪や道路として利用。本丸を見上げながら、次から次へと遭遇する曲輪を歩いていると、その複雑な構造を実感できます。

    【運行バス会社:四国中央観光バスまたは同等クラス】

    目的地 山陽
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 10,990円
    旅行日数 日帰り
    出発日 9月5日
    コース番号 3B520

    第33回
    天守が現存する唯一の山城 備中松山城
     松山城下の武家屋敷ご散策 旧埴原家・旧折井家ご見学
    豊臣秀吉の水攻めで有名 備中高松址

    目的地 山陽
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 29,990円~37,990円
    旅行日数 1泊2日
    出発日 11月15日
    コース番号 3C261

    ★★名城第36回は「岐阜城」「岩村城跡」「犬山城」にご案内します★★

    ★岐阜城
    金華山ロープウェイで山頂駅へ!
    金華山の山頂に位置し、岩山の上にそびえる岐阜城は、難攻不落の城としても知られ「美濃を制すものは天下を制す」と言われるほどでした。
    戦国時代には小説「国盗り物語」の主人公である斎藤道三の居城でもありました。その後、織田信長がこの城を攻略、城主となり地名を「岐阜」に、「稲葉山城」を「岐阜城」に改めたといわれています。


    ★岩村城跡
    岩村城は、大和の高取城(奈良県)備中の松山城(岡山県)と並ぶ日本三大山城の一つに数えられる名城。
    城は江戸諸藩の府城の中でも最も高い所(標高717m)に築かれ、高低差180mの天嶮の地形を巧みに利用した要害堅固な山城で、霧の湧き易い気象までも城造りに活かされており、別名「霧ケ城」ともよばれています。

    ★国宝・犬山城
    室町時代の天文6年(1537)に建てられ、天守は現存する日本最古の様式です。木曽川のほとりの小高い山の上に建てられた天守最上階からの眺めはまさに絶景です。

    【ご宿泊】恵那峡温泉・恵那峡国際ホテル
    恵那峡の渓谷美の絶景地にあるお宿。
    自然の大パノラマ!解放感たっぷりの露天風呂やバイキングのご夕食をお楽しみください。


    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    ※1名1室ご希望のお客様はお電話でのみご予約を受付しております。お手数ですが、お電話でお問い合わせくださいませ。

    目的地 東海・中部
    食事 朝食:2回 昼食:2回 夕食:1回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 29,990円
    旅行日数 1泊2日
    出発日 7月26日
    8月10日
    9月14日
    コース番号 3C263

    出来るだけ『密集』『密接を避け』限られた人数で出発します!!
    宿泊先銀嶺荘では1部屋5-6名でのお部屋の利用を3-4名様での利用を確約いたします!
    *7月・8月の出発は最大20名様の募集とします!
     
    短い期間に競いあうように咲く花々が咲く乗鞍へ訪れます。
    乗鞍岳に咲く高山植物を現地ガイドと共山歩きをお楽しみ下さい。
     
    ●日本百名山
    ●花の百名山
    ●下山後、温泉入浴付き ※タオル類は各自ご持参ください
     
    ★日本百名山 乗鞍連峰四座★
    【魔王岳】
      畳平から一番近い山頂。前日はこちらで足を慣らしてください。
    【富士見岳~ふじみだけ~】
      標高は2,817ḿあり、その名の通り山頂からは快晴時には富士山が見えます。
    【蚕玉岳~こだまだけ~】
      山頂からは、槍ヶ岳穂高連峰、畳平やお花畑・鶴ヶ池など見渡せます。
    【剣ヶ峰~けんがみね~】
      最高峰を「剣ヶ峰」と呼び、標高3026メートルあります。
      山頂からは北アルプス、南アルプス、八ヶ岳、中央アルプスなどの素晴らしい展望が望めます。
     
    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 信州
    食事 朝食:2回 昼食:1回 夕食:1回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 39,900円~40,900円
    旅行日数 1泊2日
    出発日 8月2日・7日・14日・31日
    コース番号 3F311

    *7-8月出発は20名様限定にてご出発!!

    日本百名山 高山植物の宝庫
    登山ガイド同行!木曽駒ヶ岳2,956m
    レベル:登山初中級
    約5.5km、約4時間30分、標高差334m

    *木曽駒ヶ岳
    天竜川に沿う伊那谷と木曽川が造る木曽谷の間に、高くそびえる中央アルプス。
    その中で一番高い峰が駒ヶ岳で、標高2,956m。伊那谷の向うの駒ヶ岳と区別するため木曽駒と呼び、雪解けの頃、駒(馬)や種蒔き爺の雪形が見られ、農作業の目安にされてきたようです。

    *千畳敷カール
    日本の最高所駅である駒ヶ岳ロープウェイの千畳敷駅を降りると、眼前に広がる「千畳敷カール」。
    カールとは・・・半円形の窪地で、氷河が流れることにより浸食されて形成されたもの。
    1,000畳分の広さがあるとして名付けられた千畳敷カールは、四季折々の花が咲き乱れ6月中旬から登山客の目を楽しませている。

    ★夕食は幻豚しゃぶしゃぶ食べ放題+生ビール飲み放題

     
    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 信州
    食事 朝食:2回 昼食:1回 夕食:1回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 54,990円~59,990円
    旅行日数 3日間
    出発日 8月27日
    コース番号 3H198

    目的地 北陸
    食事 朝食:3回 昼食:2回 夕食:1回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 16,990円
    旅行日数 1日
    出発日 7月23日
    コース番号 3K1358

    高取城跡
    高取山に築かれた山城で、日本三大山城のひとつ。
    南北朝時代に、大和の有力国人である越智氏によって築かれました。
    安土桃山時代に、豊臣秀長の家臣である本多氏によって整備・拡充され、山城としては他に類を見ない規模。
    江戸時代には高取藩が置かれ、本多氏の後には譜代大名である植村氏が入り、幕末まで続く!
    高取城には、建物はほとんど残っていないが、石垣はよく残されており、城の構造を知ることができます。
    高取城は、石垣しか残っていないのが、かえって蒼古としていていい。」と謳っています。

    壺阪寺
    壺阪寺は南法華寺といい、703年に弁基上人により開かれた古刹。
    本尊の十一面千手観世音菩薩は眼病に霊験があるとされています。
    本堂は室町時代に再建されたもので、重要文化財指定の建造物です

    高取街並みご散策
    奈良中部で最も知られている古代遺跡の町「明日香」の南に接する高取町は、中世に壺阪寺の門前町として発達し、江戸時代には近世山城において最高所にある「高取城」の城下町として栄えた町で、現在も商家が軒を連ねる町人町の町並みをはじめ、上級武士の長屋門や壺阪寺道に沿った門前集落の家並みなど、城下町の遺構を数多く残す町として景観整備も進められています。繁栄期は500軒もの商屋が軒を連ねたと言われています。現在も住宅として使用されているところもあり、高取城へ向かってゆるやかな坂道を歩いてみると、昔ながらの瓦屋根の家々、「虫籠窓」、「つし二階」など、何故か懐かしさを感じる風景にであえます。


    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 近畿
    食事 朝食:1回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 12,990円
    旅行日数 1日
    出発日 1月16日・25日・31日
    コース番号 3K1378

    リクエストにお答えします!
    行ったことがないところに先生と行ってみたい!
    伊勢神宮や出雲大社・九州へ先生の案内を聞きながら参拝したい!

    新シリーズ!大人気講師 山崎末王先生といく! 全8回 
    2020年 日本書紀編纂1300年記念
    神々の出現から天皇の系譜 『史跡で巡る古代ロマンの世界・はじめての日本書紀』

     
    第1回 史跡でめぐる古代の世界  天照大御神の伊勢鎮座 
     ・伊勢神宮内宮
    神路山かみじやま、島路山しまじやまの麓、五十鈴川のほとりに鎮座する皇大神宮は、皇室の御祖神であり日本人の大御祖神である天照大御神をお祀りしています。
    今から2000年前、皇位のしるしとして受け継がれる三種の神器の一つである八咫鏡やたのかがみをご神体として伊勢の地にお祀りし、国家の守護神として崇める伊勢信仰は平安末期より全国に広がりがみられました。現在でも全国の神社の本宗として特別に崇敬を集めます。

     ・天照大神の遙宮 伊雑宮
    伊雑宮は、天照大御神の御魂をお祀りし、「いぞうぐう」とも呼ばれます。
    古くから「遙宮とおのみや」として崇敬を集め、地元の人々によって海の幸、山の幸の豊饒ほうじょうが祈られてきました。

     
    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 近畿
    食事 朝食:1回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 13,990円
    旅行日数 1日
    出発日 2月6日・14日・22日
    コース番号 3K1380

    リクエストにお答えします!
    行ったことがないところに先生と行ってみたい!
    伊勢神宮や出雲大社・九州へ先生の案内を聞きながら参拝したい!

     

    新シリーズ!大人気講師 山崎末王先生といく! 全8回 
    2020年 日本書記編纂1300年記念
    神々の出現から天皇の系譜 『史跡で巡る古代ロマンの世界・はじめての日本書紀』

     

    ・伊勢神宮外宮
    豊受大神宮は、豊受大御神をお祀りしています。豊受大御神は内宮の天照大御神のお食事を司る御饌都神みけつかみであり、衣食住、産業の守り神としても崇敬されています。

     

    ・天照大御神の弟神・月夜見宮
    ご祭神は月読尊。天照大御神の弟神で外宮別宮 月夜見宮のご祭神と同じです。「月を読む」と記すとおり、月の満ち欠けを教え暦を司る神であることを意味します。
    右から月読荒御魂宮②、月読宮①、伊佐奈岐宮③、伊佐奈弥宮④の四別宮が並んで鎮座し、①から④の順にお参りされるのが一般的です。

     

    ・二見玉興神社
    御祭神に猿田彦大神を祀り、開運や家内安全・交通安全に御利益があるといわれています。
    正面に見える夫婦岩は、その沖合約700m先に鎮まる、御祭神縁りの「興玉神石」と日の大神(太陽)を拝む鳥居の役目をしています。大小2つの岩が仲良く並ぶ姿から、夫婦円満や良縁成就を願う人々も訪れます。
    境内には、御祭神のお使いとされる二見蛙(無事にかえる、お金がかえる)が多数奉献されています。
    また、二見浦は古来より、清渚と尊ばれ、伊勢参宮を控えた人々が汐水を浴び、心身を清めた禊場でした。二見浦に参詣で、身を清めることを「浜参宮」といい、現在では、禊をする代わりに神社に参拝し「無垢塩祓」を受けることを「浜参宮」としています。

     

    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 東海・中部
    食事 朝食:1回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る