次へ

次へ

次へ

次へ

出発地の選択へ

さぁ、はじめよう!

出発地を選んでください

検索結果

検索条件に該当するツアーは52件です

ツアータイプ:【日帰りバス】

再検索
旅行代金 12,990円
旅行日数 1日
出発日 5月12日・29日
コース番号 3P933

新しい京都を発見!
昨年人気の京あるきのツアーが再登場 全6回     
・歩く時間:約3時間(拝観時間含め)
・歩く距離:約3.5km~4.5km)

 
大好評!京都を知り尽くした らくたびガイドがご案内
洛中洛外さんぽ 

第1回 洛中編 新天皇の即位を祝して 『京都御所』
幸神社 世界遺産下鴨神社 河合神社

・京都御所は、その古来の内裏の形態を今日に保存している由緒あるもので、現在のものは安政2年(1855年)の造営です。
紫宸殿を始めとし、清涼殿、小御所、御学問所、御常御殿など平安時代以降の建築様式の移りかわりをつぶさに見ることができます。元弘元年(1331)、光厳天皇が即位して以来、明治までの歴代天皇の居所。周囲に高い築地塀をめぐらし、内部には紫宸殿や清涼殿など平安時代の面影を色濃く残す建物が並びます。現在の建物は江戸時代末期の造営。

・幸神社(さいのかみのやしろ)
今は小さくなってしまった神社ではありますが歴史は古く、創建は平安遷都に遡り、都の東北の鬼門を護る為に置かれた守護神で広大な神域を構えていたようです。現在は縁結び、鬼門除けの神社として信仰を集めています


・世界遺産 下鴨神社と河合神社
上賀茂神社とともに、皇城鎮護の神として崇敬された古社。五穀豊穣や厄除けの神として信仰されています。社殿の配置は平安時代の様子を伝えており、国宝の本殿は桧皮葺の優雅な姿。京都でも最も古い神社の一つです。白砂が敷き詰められた広大な境内には東西2棟の本殿(国宝)と55棟の社殿が建ち並び、多くは重要文化財に登録されています。
河合神社は下鴨神社の摂社として古くより祀られ、女性守護としての信仰を集めるお社です。ご祭神には神武天皇の母、玉依姫命をお祀りし、玉依姫命は玉の様に美しい事から美麗の神としての信仰も深い。

【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

目的地 京都
食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 14,990円
    旅行日数 1日
    出発日 6月19日・30日
    コース番号 3P934

    新しい京都を発見!
    昨年人気の京あるきのツアーが再登場 全6回     
    ・歩く時間:約3時間(拝観時間含め)
    ・歩く距離:約3.5km~4.5km)

     
    大好評!京都を知り尽くした らくたびガイドがご案内
    洛中洛外さんぽ 

    ・世界遺産 醍醐寺 伽藍・三宝院見学
    金堂(国宝)は豊臣秀吉の命によって、紀州(和歌山県)の湯浅から移築されたもので、主要部は平安末期の様式を完全に残しています。 本尊の薬師如来と両脇侍は鎌倉時代の作で、いずれも重要文化財に指定されています。
    国宝の五重塔は、醍醐天皇のご冥福を祈るために朱雀天皇が起工、村上天皇の天暦5年(951)に完成しました。 京都府下最古の木造建造物で、内部の壁画は日本密教絵画の源流をなすものといわれています。下伽藍には、その他清龍宮本殿(重文)や、祖師堂、不動堂、観音堂、弁天堂、女人堂など多くの堂宇が点在しています。

    三宝院は永久3年(1115)、醍醐寺第14世座主・勝覚僧正により創建されました。醍醐寺の本坊的な存在であり、歴代座主が居住する坊です。 現在の三宝院は、その建造物の大半が重文に指定されている。中でも庭園全体を見渡せる表書院は寝殿造りの様式を伝える桃山時代を代表する建造物であり、国宝に指定されています。 国の特別史跡・特別名勝となっている三宝院庭園は、慶長3年(1598)、豊臣秀吉が「醍醐の花見」に際して自ら基本設計をした庭であり、今も桃山時代の華やかな雰囲気を伝えています


    ・勧修寺
    真言宗山階派の大本山。醍醐天皇が母藤原胤子の菩提を弔うために創建。皇室や藤原氏の庇護を受けて栄えたが、たび重なる戦火で衰退し、江戸時代に再興されてからは法親王が暮らす門跡寺院となりました。内部は非公開だが、宸殿や書院はこのとき明正天皇の旧殿を賜ったものです。

    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 京都
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 17,800円
    旅行日数 1日
    出発日 6月5日・13日・17日・19日・24日・26日・28日
    コース番号 3P935

    ・世界遺産 苔寺
    約120種の苔が境内を覆い、緑のじゅうたんを敷きつめたような美しさから苔寺とも呼ばれます。庭園(史跡・特別名勝)は、上下二段構えです。 上の枯山水と、下は池泉回遊式で黄金池は「心」の字を描いている。庭園内の茶室・湘南亭は、重要文化財に指定されています。
    西芳寺が、苔寺と呼ばれるほどに苔に覆われたのは、江戸時代以降だそうです。
    元々、地下水位が高く湿った土地だったところに、洪水などが起こり荒廃し、そのまま放置されたことから、一面苔に覆われてしまったそうです。
    ※苔寺拝観許可申請中、出発決定までもうしばらくお待ち下さい。
    ※小学生以下のお子様はご参加いただけません。


    ・鈴虫寺
    ひとつだけ願いを叶えに来てくださる、お地蔵さん。
    普通仏様は、皆はだしですが、「幸福地蔵様」は日本で唯一、わらじをお履きになられています。これは、お地蔵様が皆様の所まで願いを叶え、お救いの手をさしのべるために、歩いて来てくださるからなのです。
    鈴虫の音色とともに私どものお話を聞いていただく「説法」の時間をもうけております。

    目的地 京都
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 15,990円
    旅行日数 1日
    出発日 5月31日
    6月1日・9日・11日
    コース番号 3P936

    京都迎賓館一般公開
    34名様限定  現地ガイド付でご案内!
    歴史的景観や周辺の自然環境との調和を図るため、日本の伝統的な住居である入母屋屋根と数寄屋造りの外観をいかし、築地塀を巡らせた品格のある和風の佇まいを創出しています。
    建設に当たっては、数寄屋大工、左官、作庭、截金(きりかね)など、数多くの伝統的技能を活用し、京都を代表する伝統技能者の技が生かされています。また、調度品についても西陣織や蒔絵(まきえ)、漆などの伝統的技能を活用した家具を配置しています。

    ※中学生未満(2004年4月1日以前に生まれた方)の方が見学できません。
    ※国公賓等の接遇その他迎賓館の運営上の都合により、公開が中止となる場合があります

    梅宮大社
    子授けと安産の神として名高い!大山祇神、瓊々杵命、彦火々出見命、木花開耶姫命父子三代の神と孫神の母神を祀り、血脈相続の守護神とされ、木花開耶姫命が一夜にして身ごもったことにより子授け安産の信仰を生んだ。本殿横の「またげ石」(要祈祷)をまたぐと、子宝が授かると伝えられる。神苑では、梅や杜若、キリシマツツジ、花菖蒲、紫陽花などが、季節ごとに美しい花を咲かせます。

    ご昼食は、名門ホテル京都ブライトンホテルが選べる
    メインが選べるランチビュッフェをご用意しております。

    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 京都
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 22,800円
    旅行日数 1日
    出発日 6月30日
    コース番号 3P937

    南座新開場記念 
    1等席で観る! 京都五花街合同公演「都の賑わい」
    五花街の合同伝統芸能特別公演で、平成6年から毎年行われていて、各花街の芸舞妓が一同に揃い、それぞれ趣向を凝らした演目で芸を披露します。
    各花街から4人ずつ、総勢20人の舞妓さんと地方さん8人による豪華な舞台になり、フィナーレは「舞妓の賑わい」で、五花街の舞妓さんが勢ぞろいします。

    先斗町 清 元「北 州」
    祇園甲部 地 唄「鳥辺山」
    宮川町 長 唄「君が代松竹梅」
    祇園東 清 元「青海波」
    上七軒 長 唄「浪枕月浅妻」
    舞妓の賑い 「祇園小唄」
    フィナーレ 「京小唄」

    ご昼食は、からすま京都ホテルで京御膳をご用意しております。
    ※公演後のお食事になりますので、14:00前後になります。

    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 京都
    食事 朝食:1回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 11,990円
    旅行日数 1日
    出発日 5月18日
    6月2日
    コース番号 3P938

    今流行のご朱印めぐりを新元号の年からはじめてみませんか? 
    はじめてのご参加大歓迎! 

    幸せ舞い込むご朱印めぐり 
    皇室ゆかりの菊・今話題の梅朱印編

    ご朱印めぐり とは、、、
    御朱印とは、寺院や神社に参拝していただくことが出来る御宝印や社名を朱で押した印と御本尊名や社名などが墨書きされたものです。
    その寺社に参拝した証、記念のいただきもの、旅の想い出になるものです。
    達筆で迫力あるものやシンプルで飾り気のないもの、また可愛い動物入りのものや寺社ゆかりのしるしが入るものなど個性豊かでバラエティに富んでいます。御朱印はそれを見ているだけでも心安らぐものですし、記念写真のように皆さんの楽しい旅の想い出になるものと思います。

    あなぶきツアーでは、ご朱印帳は添乗員が代行させていただきますので、ゆっくり観光・参拝のお時間もお取りできます!
    ご朱印帳を持っていなくても大丈夫!!!車内でかわいいご朱印帳を販売させていただきます。(1800円~)
    ※ご朱印1ヶ寺300円~ 当日バス車内でご集金させていただきます。 


    ・元号寺 世界遺産 仁和寺  特別ご朱印あります!
    373年前の輝きがよみがえる 幻の観音障壁画特別公開
    観音堂は1640年ごろ創建。雨漏りなどで堂内の腐食が進み、平成24年から半解体修理を行ってきました。修行道場のため、普段は未公開ですが今回の修理完了を記念して期間限定で公開します。


    ・カキツバタ・花菖蒲彩る名勝庭園 門跡寺院 勧修寺
    真言宗山階派の大本山。醍醐天皇が母藤原胤子の菩提を弔うために創建。皇室や藤原氏の庇護を受けて栄えたが、たび重なる戦火で衰退し、江戸時代に再興されてからは法親王が暮らす門跡寺院となりました。内部は非公開だが、宸殿や書院はこのとき明正天皇の旧殿を賜ったものです。

    ・梅朱印 文子天満宮 
    菅原道真公の乳母をつとめていた多治比文子は、自分の家の庭に小さな祀をもうけ、道真公を拝んでおりました。そんなおり、天神となった菅原道真公は多治比文子に現在の北野天満宮の地にまつってもらいたいと託宣しました。
    北野天満宮の前身神社」と称する由縁であり、文子天満宮は菅原道真公を「天神」としてわが国で最初におまつりをした神社であることから、「天神信仰発祥の神社」と位置づけられます。

    ・梅朱印 錦天満宮
    平安時代に創建され、「智恵・学問・商才の神様」「招福・厄除け・災難除けの神様」として繁華街唯一の鎮守社
    京の台所・錦市場の東端に位置する神社で、元は京都市内の別所にあったが豊臣秀吉の都市計画にともない、天正15年(1587)に現在の場所に遷座。以降、錦天満宮と呼ばれるようになり、京の台所を見守り続けている。
    繁華街の中心という立地ながら、境内には「錦の水」という飲用にも適する清水が湧出しており、汲みに訪れる人も多いとか。


    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 京都
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
    • 観光徳島日帰りバス
    • 出発決定日あり

    旅する教科書名城編第20回 徳島城・日和佐城

    旅行代金 8,980円
    旅行日数 1日
    出発日 6月23日
    コース番号 3S457

    目的地 四国
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 16,980円
    旅行日数 1日
    出発日 4月29日
    5月3日
    コース番号 3S460

    ★四国まんなか千年ものがたり
    2017年4月1日デビューの新観光列車!四国では伊予灘ものがたりに続く観光列車が、大歩危から多度津間を走ります。
    「四国まんなか千年ものがたり」は、歴史に思いを馳せて、野や山に遊びに出かける大人の洒落た小旅行を気軽に楽しめる本格的な観光列車です。
    車内では、美しい景色と地元食材にこだわった色鮮やかな料理、地元の方々の思いが込められた地酒やおつまみ、工芸品など、細部にまでこだわりを持った品々が用意されております。
    今回は、大歩危発の「しあわせの郷紀行」にご乗車いただき、遊山箱に入った味匠藤本料理長の心のこもった日本料理“おとなの遊山箱”をお召し上がりいただきます。
    大歩危峡・小歩危峡の絶景や吉野川、秘境駅で知られる坪尻駅など車窓からの景色もお楽しみ下さい!

    目的地 四国
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
    • 高知日帰りバス
    • 出発決定日あり

    幻のグルメ付 神秘の絶景!にこ淵と伊尾木洞

    旅行代金 9,990円
    旅行日数 1日
    出発日 5月3日・4日・15日・18日・22日・29日
    6月2日・9日
    コース番号 3S461

    ★にこ淵
    改修後行きやすくなりました!
    にこ淵は、仁淀ブルーで知られる仁淀川の支流「枝川川」にあります。
    にこ淵は、清流・仁淀川が「仁淀ブルー」という言葉で広く知られるようになり、その美しく・幻想的な青を見ることができる場所として観光客が訪れるようになりました。太陽の光が注ぐ時間帯、光の角度や加減により、幻想的な光景が見られます。美しい娘と大蛇伝説の舞台となった、美しく神秘的な青い滝壺。緑の木々深く囲まれた静かな空間に、白く煌めく滝の飛沫が「仁淀ブルー」に輝く水面に落ちていく音が絶え間なく響き、規模の小さい滝壺でありながら見応えは抜群です。

    「仁淀ブルー」とは?
    「仁淀ブルー」という言葉は、仁淀川を撮り続けてきた写真家が提唱したといわれています。太陽の光や空の色が入り混じり、季節や場所によって鮮やかな青色にも青みがかった深い緑色にも見えるその不思議な色合いは、魅力的で吸い込まれてしまいそうな美しさがあります。
    また仁淀川流域の石は赤、青、緑、紫、茶、黒、白など様々な色をしていて、そのカラフルな色合いも仁淀川の水と水辺の美しさを彩る要素のひとつとなっています。

    ★伊尾木洞
    ガイドがご案内!伊尾木洞のふしぎ発見!
    伊尾木洞(いおきどう)は、300万年前の地層が隆起し、波による浸食で生まれた洞窟です。高さは約5m、幅は約3mで全長は約40mほどです。その奥は渓谷に続いていて普段は足を浸すくらいの水が流れ出ています。また洞の壁には貝の化石が見られるところもあります。
    洞窟を抜けた先には、シダに覆われた渓谷が400mにわたり続いていて、”もののけの世界”さながらの神秘的な空間が広がっています。伊尾木洞のシダの群生は、その多様性から国の天然記念物にも指定されるほどで、伊尾木洞ならではの独特の雰囲気を創り出しています。主にホウビシダ、ホウライシダ、ノコギリシダ、クリハラン、ハゴロモシダ、シロヤマゼンマイ、コモチシダ等の熱帯性シダ類が中心で、確認されているだけでも40種類ほどのシダが自生しています。1ヶ所に多くの種類のシダが共生しているのはとても珍しいとされており、大正15年にこのシダ群落すべてが国の天然記念物に指定されています。

    ★『幻』の土佐あかうしのステーキランチのご昼食
    今年4月にリニューアルオープンした、さめうら荘でのご昼食。
    今回は、幻の和牛「土佐あかうし」のステーキランチをご用意いたしました!


    ※道中、サンダルやヒールでは危険ですので、歩きやすいスニーカー等でお越しください。また、坂道や階段も多い場所なので、服装にもご注意ください。

    【運行バス会社:大川バスまたは同等クラス】

    目的地 四国
    食事 朝食:1回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る
  • 旅行代金 10,980円
    旅行日数 1日
    出発日 5月20日
    コース番号 3S462

    ★大塚国際美術館
    世界中の美術館が所蔵する名画1000点以上をオリジナルと同じ大きさに再現して展示する
    陶板名画美術館です。
    鑑賞ルートは約4km。まるで世界の美術館にいるような、様々な名画がお楽しみいただけます。

    <特別イベント>
    バイオリンとチェロのデュオのミニコンサート(約20分)
    ゲスト:バイオリニスト「松尾依里佳」

    通常月曜日は定休日ですが、この日は個人のお客様は入場できませんが、
    団体のお客様だけが入場できる特別企画です!

    【運行バス会社:琴参バスまたは同等クラス】

    目的地 四国
    食事 朝食:0回 昼食:1回 夕食:0回
  • もっと見る
  • ツアー詳細を見る